骨伝導販売のパイオニア サニースペース

トップページ>骨伝導とは

骨伝導とは?

「音の伝わる」仕組みの種類

軟調に悩まされたベートーベンが補聴器の無い時代に偉大な作品を残したのは何故でしょうか。それは口にくわえたタクトをピアノに押し付け、歯から伝わる振動を感じていたからだと言われています。 また、クジラの耳は水圧に影響されないよう体の内部にあり、外からの音は直接聞こえないようになっていますが、下あごの骨で水中を伝わる振動をとらえ耳に伝えて音を聞いています。 このように、音や声を聞くためには、私達が普段そうしているように空気の振動を耳でとらえ聞く「気導音」と、音の振動を直接とらえる「骨導音」の2つの伝達経路があるのです。

【音の伝わり方】

骨伝導説明図

【骨伝導システム】
骨伝導とは、耳(鼓膜)から音を聞くのではなく、骨(頭蓋骨)に振動を与え直接聴覚神経に伝える仕組みです。電気信号に変換された相手の音声を振動に変換して、頭蓋骨を通して蝸牛に振動が伝わります。 障害箇所に影響されずに音声を脳まで伝えることができますので、音声を明瞭に聞き取ることができます。「耳で聞く」と私たちが実感できるのは空気を伝わる「気導音」です。 人の話声やテレビなどの音は、周りの空気を振動させ、その振動が耳に集められ、右図Bの経路をたどり、鼓膜を振動させ、中耳で増幅されます。そして内耳のうずまき管のリンパ液中に浮かぶ 聴覚神経の先端部分を揺れ動かされることで、音として認識しているのです。しかし「骨導音」の場合、外耳や中耳を経由することなく、内耳のうずまき管に直接音の振動を伝えます。

【骨伝導の特徴】

長い時間使用しても聴覚に影響を与えない
既存の空気伝導では耳に装着するため、長い時間使用することによって、聴覚の低下現象の原因ともなります。 しかし、骨伝導ヘッドセット、ヘッドホンでは耳を塞がないため鼓膜に全く刺激を与えずに、驚くほど明瞭に聞き取ることができます。

耳が開放されている
骨伝導ヘッドセット、ヘッドホンは耳を塞いだり、内部に挿入する必要がないので、音声を聞きながら、同時に外部の音を聞きくことができる。耳が開放されているため、ウォーキング、 自転車など外出先での使用にも安全です。

認定証

HIB-707WはEU(ヨーロッパ)において医療機器(骨伝導式補聴器)としての要件に適合することの認証を世界で初めて受けました。
2009年4月2日


一緒に販売していただけるパートナーショップを募集しています。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから